ペットも火葬して埋葬しましょう

昔はペットが死んだら庭に埋めるという家庭が一般的でした。
しかし最近は賃貸住まいの家庭も増え、気軽に庭に埋めるというようなことはできなくなっています。
また、自宅の庭に埋葬することは土壌汚染の問題もあり衛生上はおすすめできません。
かといって、法律上では死んだペットは一般廃棄物という扱いになっているため、公有地(公園や河川など)に埋葬した場合は軽犯罪法違反にあたりますし、自治体に処理を依頼すると通常のゴミと一緒に火葬される可能性もあり、家族のように大切に暮らしてきた身としては良い処分方法とは言えないでしょう。
そこで、供養をして火葬してもらえ、骨をきちんと飼い主に渡して貰えるようにするには民間のペット火葬業者に依頼することになります。
ペット火葬場は全国にありますし、自動車の自動販売ならぬ自動火葬で請け負ってくれる業者もあるようです。
信頼できる業者に依頼して、大切なペットが天国へ行けるように供養を行いましょう。

気になる方はこちら:イオン、独自の50の基準を設定したペット葬サービスを開始 | マイナビニュース

pickup

東京で貸事務所なら
http://www.0213.biz/

Last update:2017/2/23